友人の転職活動(その3)

 10回目の職場を求めて転職活動を続ける薬剤師の友人の活動続編です。

<過去記事>
友人の転職活動(その2)
友人の転職活動:エージェントについて
転職は何回まで可能か?

 友人は大学院博士課程を出た後、以下のように紆余曲折しています。

 研究員→研究員→研究員→メーカー→ドラッグストア→病院→病院→病院→病院→新たな病院を探し中

 前回、この友人の転職活動が好調だと話をしました。

 現時点で面接を4つ受けて全て内定が出たそうです。

 いずれも面接は1回で翌日には内定が出ており、一般企業における転職活動に比べるとかなりスピード感がある印象です。

 通常(?)だと、1次面接(受けようとする部署の社員などが対応)→2次面接(管理職クラスが対応)→最終面接(その部署や組織のトップが対応)、という感じだと思います。

 まだどこに行くか決めていないようですが、現在の職場に退職する意向は示したとのことです。

私.面接1回で終わりってのが普通なの?

友人.2回やったとこはないね。400~500床クラスの病院(病棟が複数ある規模のでかい病院)でも1回で決まったし。

私.通常、誰が面接対応するの?

友人.事務長が多いね。薬局の人間は採用にタッチしていないところが多いんじゃないか?今まで数多く面接受けてきたけど、薬局の人が出てきたケースはあまりなかった。

私.面接では何を聞かれるわけ?

友人.面接っていうか、病院内を案内されて、世間話をする程度で終わるパターンが多い。人となり重視なのかな?転職回数が多いわけは聞かれるけど、こっちからそれなりの理由を言えば、それに対して突っ込まれることはないね。

私.いつまで転職活動続ける気?

友人.25日(本日)の面接でラストにするつもり。役職的、場所的に見てそこが一番良さそうだから、そこが受かったらそこにするよ。

私.マネージャークラスの就職先がよくそんなにポンポン見つかるな。

友人.薬剤師って職業は女性が多いってのもあるのかもしれない。女性の場合、あまり責任のある仕事をやりたがらないっていう印象がある。なのでマネージャークラスだと競合があまりいないのかも。

私.まさに資格さまさまだな。

友人.まあね。

私.あと、辞めるって言ってから、今の職場の(辞める原因となった)薬局長の態度はどうなった?

友人.いじわるされることはなくなった。その代わり、他の人に矛先が向かっているっぽいけど。

 この分だと、本件は次回の報告でラストですかね。

LINEで送る