浪人は何年までOKか?

 タイトルに関する質問が学生からありました。

 何浪(何留)までなら就職できるか?という質問です。

 一体何浪(何留)しているのかは不明ですが、これを聞いてくるということは実質3浪以上と見ました(2浪までなら就職に影響しないだろうということは一般的に言われていますので)。

 結論から言うと、わかりません。企業にもよるでしょうし。

 ただ、それを言ってしまうと話が終わるので、私の周りで3年以上のビハインドがある人がどうなったのか紹介します。

 人物1(2浪、1留)
 本サイトにたびたび出てくる薬剤師の友人です。大学院まで行き(修士2年、博士3年)、学位を取った後はすぐに就職が見つからず、1年半ほど研究生の名目で研究室に残っていました。その後、ポスドク(任期付き研究員)が見つかって初めて働き始めます。この時の年齢が32歳。ポスドクを数年やった後、民間企業(水処理系メーカー)、ドラックストア、病院を転々とし、現在、都内で病院薬剤師。履歴書が1枚ではとてもおさまりきらないとのことです。

 人物2(現役、3留)
 これまた本サイトにたびたび出てくる福岡県人寮から。同期に3留というのがいました。人のことは言えないですが、寮生活でこいつが勉強している姿を見たことがなかったです。その後、博士課程まで行き、今は阪大で准教授をやっているようです。

 人物3(現役、留年なし、卒業後20代の職歴なし)
 これも福岡県人寮の同期の話です。この友人は作家を目指していて20代はバイトしながら執筆していたようです。その後、見切りをつけてITの専門学校に通い、今は地元北九州でSEをやっています。

 人物4(5浪、大学院で5年+1.5年超)
 上には上がいて、大学院の研究室にこのような人がいました。博士課程まで行き、世に出たのが35歳くらい?ただ、就職先はすぐに見つかっています(静岡の化学素材メーカー)。足踏み年数は長いですが、入社後は頭角をあらわし、さくさくっと出世したようです。博士という称号は対外的な交渉時に(相手の信用を得やすいので)役立っているとのことです。

 その他には地元小売店の販売職を辞めて20代後半から独学して歯科大に入学し、歯科医になった友人がいます(浪人年数に換算すると10浪くらいか)。もともと私立文系だったので、勉強し直すのは大変だったと思います。それからもあれこれあって、博多駅付近で開業。インプラントで大成功。

 皆、方向性が固まったのは30代になってからですが、足踏みした分、骨のある人物が多いという印象があります。

 たとえ何浪してようと、20代ならまだまだでっかい野望をもって生きていける??

LINEで送る