就職してから英語は必要か?

 タイトルの質問が学生からありました。

 企業の採用担当者が聞いたら、こんな受け身な質問をしてくる学生は絶対採用しねー、と言いたくなるであろう質問内容です。

 ここではとりあえず、真面目に受け止めてみます。

 今のうちから英語をまじめにやるべきか悩んでいるのか英語は多くの場合必要ないという心安らぐ情報を聞きたいのか、はたまた英語が必要とされない分野に進もうと考えているのか、どのような心情での質問なのかもよくわかりません。

 一般論だと、

1.外資系企業→必要
2.国内企業(海外取引有)→職種によっては必要
3.国内企業(海外取引無)→多くの職種で必要ない(であろう)

という感じでしょうか。

 国内企業についてさらにざっくりと見ると、

<研究開発業務>
・海外文献や海外特許などの文書を読む時

<営業>
・海外勤務を命じられた時

<その他>
・海外の支店、工場などのマネジメントで赴任する時
・海外市場の調査、海外出張の時
・海外との商談や人材交流(海外からの人材受け入れ/海外に行く)の時
・日本語を話せない外国人から電話、メールがあった時

 私の企業勤務時の経験では英語は、文書を読む、程度でした(海外に行った時でも日本語ができる人がアテンドでいたので、英語が求められたのはホテルのチェックイン、チェックアウトくらいでした)。

 友人のケースで見ると、

・国内アパレル企業の海外営業→常時英語
・外資系化学メーカーの国内法務→海外本社とのやりとりは英語
・国内文具メーカーのデザイン部→海外イベント出展時に英語
・外資系証券会社の国内支店→常時英語
・国内コンサルティング→海外文献調査や外国人とのやりとりがあるときは英語

という感じです(本人たちから聞いた話では)。

 よくメディアが、会議は英語のみ、という企業のことを報じることがありますが、私が知っている国内企業では、日本語で済むような会議を英語で行う企業は聞いたことがないです。

 ただ、英語能力をはかるTOEICを従業員に受けさせ、一定点数以上を昇進要件にしているという企業は多いです(大企業と言われる企業はほとんどかも)。

 そういう意味では、少なくとも大企業、中堅企業を希望する学生にとって英語は避けて通れないと考えることもできます。

 ただ、仕事において英語は(通訳でもない限り)コミュニケーション手段であって仕事そのものではないことを気をつけておきたいですね。

 英語ができなければ通訳をつけるとか、翻訳機を使うとか代替手段はありますが、仕事ができない場合は自分自身が誰かに代替されかねませんから。

LINEで送る