友人のTOEIC挑戦記(その5)

 家電量販店に勤務する友人がTOEICを初受験しました(試験日は5月21日日曜日)。

 結果が出たと連絡がありました。

 インターネットでは6月12日(月曜日)には結果が見れたということですので、試験から3週間ほどで結果がでるのですね。郵送は約1か月後だったらしいです。

<過去記事>
 友人とTOEIC挑戦記(その1)
 友人のTOEIC挑戦記(その2)
 友人のTOEIC挑戦記(その3) 
 友人のTOEIC挑戦記(その4)

 そして、その結果は

リスニング リーディング 合計
190点 120点 310点

でした。

 社内報奨金2万円が出るのは450点以上でしたので残念ながら届かず!

 前回記事にも書きましたが、受験直後、友人は

・リスニングは全般的によくわからなかった
・リーディングはまだわかったけど全然時間が足りなかった
・感触としては350点ぐらいか

 と感想を語っていました。

 よくわからなかったというリスクニングが190点
 まだわかったというリーディングが120点

 という結果です。

 リーディングは100問という問題数のうち40問近く残してタイムオーバーだったのでこれが点数が極端に低かった要因でしょうか。

 40問残したというのは少し大げさに言っているのかな、と思ったのですが、本当だったようですね。

 その代わり、リーディングは訓練すれば点数を取りやすいとも言われています。

 予想していた点数よりも低かったからか、

 「なんか悔しい」

とモヤモヤ感が伝わってきました。

 点数票には個人情報が載っていますので公開はやめておきます。

 一般的にTOEIC300点の人が400点とるためには150時間500点とるためにはさらに200時間かかると言われています。

 英語から20年以上遠ざかっている社会人にとってはTOEICで点数をとるのはそう簡単なことではないのかもしれません。

 再チャレンジするかどうかはまだ迷っているようでした(受験料と購入テキスト代で1万円くらいかかったらしく、もう一度受験することで元をとれるのか、それとも傷口が広がるだけか、判断に悩んでいるようです)。

 ほぼ勉強せずに(トータル20時間の勉強で)臨んだ試験結果が310点ということで初期値がでました。

 奮起して再チャレンジしてくれたら良いデータになりそうですが、本人のやる気がなくなっているように感じました。特に職場からやれと言われたわけでもなく、社内報奨金のためだけに挑戦を決めたものですので。

 今回の結果からわかると思いますが、TOEICを受けたことがない人で就職希望先がTOEIC重視企業の場合は早めに対策した方がいいですね(2~3カ月で何とかなるものではないですから)。

LINEで送る