MBAは就職、転職に役立つか?

 “MBA”って聞いたことありますか?

 過去記事「IT系の資格」ではシレっと挙げています。

 私は大学生の頃、かろうじて言葉だけは聞いたことがありました。

 世間的には、海外に留学して経営に関することを学んだ、という証のようなイメージですかね。

 海外でMBAを取った後に起業し、現在会社が急成長中、なんてメディアではよく見かけます。

 最近では国内でもMBAを冠した学校がちらほら見られます。

 MBAを取れば就職や転職に役立つのか?

 将来の道は開けるのか?

 謎に満ちています。

 友人にMBAホルダー(カーネギーメロン大学)がいるので聞いてみました。

 その友人とはかつて東京都目黒区にあった福岡県学生寮(県人寮)の同期でした(ちなみに本サイトによく登場する家電量販店勤務の友人も同じ寮の同期。以前の記事で触れた外資系証券会社にいた友人もそう)。
 社会人になってから社内制度を利用して会社費用で留学したそうです。

私:MBAって何?

友人:MBAとはそもそも、Master of Business Administration、”経営学修士”であって、「経営大学院を修了した人」というような意味。学歴の一種。なのでMBAを取るためには学部を卒業していることが前提になる。

私:MBAを取って何か良いことがあるの?

友人:MBAは学歴だから、どの大学を出るかによって効果が違ってくる。海外(欧米)か国内かでも違う。

私:何が、どう違う?

友人:そもそもMBAは、ジョブ型労働市場であるアメリカ社会において、一般社員から管理職へのキャリアのギャップを埋めるという意味が大きい。

私:言っている意味がわからん

友人.日本の場合だと同じ企業で働き続けると、自然と管理職になれる場合が多い。米国では違う。同じ企業で働き続ける限り、ずっと同じ仕事をし続けることになる場合が多い。

私:米国だと転職しないと出世しにくいということか・・・

友人:管理職になりたい場合、転職で道を開くことが多い。そして中途採用は経験者優先。「管理職経験者求む」の転職市場において未経験者が管理職の仕事を得るのは難しい。そのギャップを埋めるのがMBA。

私:何となくわかってきた・・・

友人:管理職未経験者がMBAをとり、「経験はないけれども専門知識があります」という証明をすることで、管理職として雇ってもらう、ということになる。こういう事情があるので米国では名門校からそうでない学校まで数百校もMBAプログラムを提供しており、どの学校を出るかで意味も大分変わってくる。

私:名門とか名門でないとかは何か基準があるのか?

友人:スタンフォード、ハーバード、といったトップ中のトップからトップ20校、それ以外、というように分類されることがある。権威のあるMBAランキングの一つ、US Newsの対象になったMBAプログラムは2018ランキングで471校。

参考:https://www.usnews.com/education/best-graduate-schools/articles/business-schools-methodology

私:さっき、MBAを取るのが海外(欧米)か国内かでも効果が違ってくるという話だったが?

友人:欧米系企業への就職活動を有利にするためにMBAを取得にするのであれば、当然そういった企業からの評価の高い学校のMBAを取得するべき、ということになる。

私:欧米以外でMBAを取ったら?

友人:日本の学校で取得できるMBAは学校の歴史がまだ浅く、欧米系企業からの評価はそれほど高くないのが現実ではないだろうか。アジア系だと、INSEADのシンガポール校や、香港科技大などは少し評価されるかもしれない。

私:で、結局MBAって取った方がいいの?

友人:その後のキャリアをどうしたいのかによる。1年や2年という時間、それなりの費用がかかるMBA取得は大きな投資であり、その後どうしたいのかが明確でなければ危険な賭けかもしれない。

私:うーむ。難関資格を目指すかどうか、研究職を視野に博士課程に進むかどうか、の決断に近いかも・・・

友人:会社の費用で留学できる場合もあるかもしれないが、その場合でもそのことで社内での自分の評価や立ち位置が改善されるかはよく見極めたほうがいいだろう。

私:MBAを中小企業診断士と比較したら?

友人:その資格には詳しくないのでよくわからない。比較するなら

診断士 MBA
・名刺に書いても違和感がない
・更新が必要
・名刺に書く人はあまりいない
・更新が必要ない

という感じか。
 MBAのメリットとしては
学校の同級生、先輩、後輩といった人脈ができる
英語能力が高まる(欧米MBAの場合)
が挙げられる。

私:ところで、向こうに行くのに必要な語学力ってどれくらい?

友人:自分の場合はTOEIC900点で、事前に英会話スクールにも通い、ある程度しゃべれる状態になったつもりだったが最初は全然ダメだった。TOEICやTOEFLの点数では一概にはかれないと思う。英語が問題ない人でもTOEIC800点台の人もいるし。ちなみに向こうで英語に慣れるのに4カ月かかった。最近はオンラインで英会話訓練を安くやれるからそういったのを利用するのがいいかも。

 とまあ、こんな感じです。

 話を聞いた感じ、外資系企業での勤務を考えているなら欧米の名の通ったところでMBAを取得する意義は大きいかもしれませんね(入れるかどうか、修了できるかどうかという問題はあるでしょうが)。

 英語が必要な業務も良さそうです(英語で仕事ができるという証になるのは大きいかも)。

 バブル期あたりは社内試験の成績上位者に会社費用で海外留学させていた企業も多かったと聞きますが、最近でもそれをやっている企業は少なくなっていると思います。

 ブームが去ったのか、それとも費用対効果を踏まえてのことかはわかりませんが、国内企業の多くはMBAをあまり評価していないという表れではないでしょうか(逆に、そういった制度を維持している企業はMBAを評価していると考えることもできますね)。

LINEで送る