ホールディングスとは?

企業名に「ホールディングス」とあるのを見て、何だろう、と思ったことはありませんか?前回記事「化学メーカーについて」で取り上げた企業の中にも三菱ケミカルホールディングス富士フィルムホールティングスという名前がありました(最初の表)。

とりあえず「三菱ケミカルホールティングス」をYAHOO!JAPANファイナンスで検索してみました。

図左上の記載から東証1部上場だとわかります。図下中央あたりの「企業情報」(赤枠)をクリックして出てきた表示の一部を下に示します。

特色のところに「傘下に三菱化学、三菱樹脂、三菱レイヨン、田辺三菱製薬など」とあります。さらに情報を見ていくと、

一千万円を超える高い平均年収が目を引きますが、一方で従業員数(単独)が118人と少ないです。外形的にはこの少数の人たちが6万8千人以上が勤務する大企業を従えているという、次のようなイメージになります。

この三菱ケミカルホールティングスのような企業は「持株会社」や「ホールティングカンパニー」と呼ばれます。(その名前にあらわれているように)株を持つ、ホールド(保有)する対象は傘下におさめる企業です。このような形態をとることで節税などさまざまなメリットがあると言われています(ウィキペディア:持株会社)。

傘下にある三菱化学や三菱樹脂のような事業を行う企業を事業会社と言います。一方、持株会社は傘下の企業支配を本業とするだけなら(三菱化学や三菱樹脂のような本業を持たないのなら)少人数で運営されます。

以前、私が所属していた組織もこうした持株会社と事業会社という体制でした。一般社員がこうした形態を意識しなければならない場面はまずないでしょう。私の場合もそうで、上の方の役職の人が持株会社に異動になったとかそんな噂を聞く程度でした。ホールティングスの人たちは図のように一般社員にとっては雲の上の存在といったところでしょうか(?)。

LINEで送る